堺市でインプラント・入れ歯なら、堺駅前の河田歯科にお任せください。

大阪府堺市堺区栄橋町1丁目7-7 中ビルディング2F

診察時間
午前09:30~12:30
午後14:30~18:30(土曜を除く)
休 診 日
土曜午後・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

072-223-1770

入れ歯

最善な治療計画を提案します

当院では、お口の状態を正確に診断した上で、どのような入れ歯がお口に合うかを提案いたします。入れ歯にもインプラントにも、それぞれ利点と欠点があります。大切なことは、ご自分の口腔状態、価値観にあった最善な治療方法を選択することだと考えています。

入れ歯のメリットとデメリット

入れ歯のメリット

外科処置の必要がない

入れ歯は、インプラント治療のような外科処置を必要としないのが大きなメリットと言えます。特に高齢の方は、全身疾患を抱えているために外科処置ができない場合がよくあります。

費用が比較的安価になる

入れ歯は、たとえ保険外治療であったとしても、インプラントに比べると安価になることが大半です。現在のインプラント1本あたりの費用は、平均40万円前後ですから、複数本数の治療となると経済的な負担が大きくなります。

歯を削る量が少ない

部分入れ歯の場合は、ブリッジと異なり、自分の歯をあまり削りません。自分の歯を削らないということは、その歯の寿命を伸ばすことにつながります。

入れ歯のデメリット

異物感を訴える方が多い

入れ歯は、慣れるまでにそれなりの時間を要します。また、使用中の入れ歯から新しい入れ歯に新しく作り替えた場合も同様です。

見た目の問題がある

部分入れ歯の場合、金属のバネをご自身の歯にかける必要があります。とくに前歯にバネをかける場合は、目立ってしまいます。

残った歯に負担がかかる

入れ歯を安定させるために金属のバネをかけた歯には、大きな負担がかかり、歯を失う原因になることがあります。

保険適用される入れ歯

レジン床義歯

保険が適用される最もオーソドックな入れ歯です。歯肉に触れる床の部分が歯肉に触れるプラスチックで製作されます。プラスチックは磨耗しますから、時間の経過とともに脆くなり、割れやすくなります。

噛む力をプラスチックで支えるためには、入れ歯を大きく、そして厚く設計する必要があります。平均して金属床の入れ歯と比べて3倍程度(1.5~3.0mm以上)の厚みになります。もちろん、厚みが増すほど、舌の稼動領域が狭くなるので、違和感を覚えやすくなります。

また、プラスチック床の入れ歯は、噛む力が大きく加わると、たわんで変形を起こします。変形が大きければ大きいほど、入れ歯を支えているお口の中は予測できない力を受ける事になります。それが粘膜の炎症や支えている歯へダメージを与える事になります。

プラスチックは、熱を伝えにくい材質なので、食べ物の温度を感じづらく、結果として味覚が落ちることがあります。※食事時に感じる味覚として、甘い・辛い・酸っぱい・しょっぱい・苦いなどがありますが、熱い・冷たいなどの温度感覚も、味覚を大きく左右します。 

レジン床義歯のメリット
  • 健康保険が適用される。
  • 入れ歯が壊れたり合わなくなった時でも、修理や補修は比較的簡単です。
レジン床義歯のデメリット
  • プラスチックは、食べ物の温度を遮断するので、異物感が大きい。
  • 強度を保つために床が厚く作られているため違和感が大きい。
  • 金属のバネが目立つので、外見が悪い。
  • プラスチックは、たわむ性質があるので、残った歯に負担がかかりやすい。
  • 割れたり壊れたりしやすい。
  • 人工歯の色が変化しやすい。
  • 歯と入れ歯の間に食べ物がつまりやすい。

保険適用の入れ歯と保険適用外(自費)の入れ歯の違い

入れ歯の厚み

保険適応のレジン床義歯は、プラスチック素材でつくられます。噛む力を受け止めるためには、一定以上の厚みが必要であり、顎に当たる床の部分が1.5mm~3.0mm以上は必要です。それに対して、保険適応外の、例えばチタンのような金属床義歯の場合は、強度が高いので、顎に当たる床の部分を薄く設計することができます。保険適応のものに比べて、約1/3の厚み(0.4mm程度)で設計できますので違和感が少なくなります。

入れ歯の見た目

保険適応の入れ歯は、入れ歯を安定させるために金属製のバネを残存歯にかけます。そのため、見た目が悪く、どうしても審美性が劣ります。保険適応外の入れ歯では、この金属製バネを目立たなく改良したり、バネそのものを不要にする仕組みがあります。当院では「ノンクラスプ義歯」「コーヌスクローネ義歯」「マグネット義歯」「インプラント併用義歯(オーバーデンチャ-)」を扱っております。

熱の伝わり方(食事の温度)

保険適応の入れ歯では、プラスチックという素材の性質上、温かい・冷たいといった食べ物の温度を感じずらく、結果として食の喜びが減少することがあります。保険適応外の入れ歯は、熱伝導率の高いものを使用することができますので、食べ物の熱い、冷たい、を感じる事ができ料理を楽しむことができます。食べ物の温度は、味覚に大きな影響を与えますので、おいしく食事を楽しみたい方には保険外の入れ歯がお勧めといえます。

歯や口元のお悩みは、お気軽にご相談ください

河田歯科

お電話でのお問合せはこちら

072-223-1770
診療時間
受付は診療終了時間の30分前まで
  • 月~金 9:30〜12:30、14:30~18:30
  • 土 9:30~12:30
休診日
土曜午後・日曜・祝日