堺市でインプラント・入れ歯なら、堺駅前の河田歯科にお任せください。

大阪府堺市堺区栄橋町1丁目7-7 中ビルディング2F

診察時間
午前09:30~12:30
午後14:30~18:30(土曜を除く)
休 診 日
土曜午後・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

072-223-1770

当院の入れ歯治療の特徴

最先端・高精度の入れ歯を製作します

河田歯科では、残っている歯をできるだけ長く健康に保ち、一生涯ご自身の歯で食べられることを患者様との共通目標にしています。

インプラント治療の技術進展は目覚しく、歯を失った場合の第一選択肢として認知されるようになりました。しかし、年齢や骨の条件それに全身疾患などの理由でインプラント治療が出来ない方もたくさんいらっしゃいます。また、インプラント治療にも利点と欠点があります。

当院では「インプラント治療ありき」のような治療計画を立てることなく、入れ歯やブリッジを含めて、どういった治療方法を選択すればベストな成果を導き出せるのかを考えて提案いたします。

入れ歯設計のこだわり

入れ歯の設計図をつくります

まず診断用の歯型を採り、診断用模型を作成します。診断用模型をしっかりと観察すると、この患者様は噛む力が強いのかどうか、右側を中心に噛んでいるのか左で噛んでいるのかといった情報が見えてきます。そういった情報を元に入れ歯を設計していきます。入れ歯の大きさはどの程度が適当か、歯を並べる位置はどこが最適か、人工歯の長さはどうかいったことを考えながら入れ歯の設計図をつくります。使い心地が良くても、周りの歯に大きな負担をかける設計は出来ません。常に、残っている歯が痛まないような設計を考慮しています。骨や筋肉の走行、顎堤(歯ぐきの土手)の形態や粘膜の状態に合わせて、どの素材が適しているかも見極めます。

入れ歯の製作工程に手間と時間をかけます

保険が適用されるレジン床の入れ歯に不満が多いのは、入れ歯の製作段階で口が持つ動きを反映させにくいためです。口には、話したり、笑ったり、食べたりといった多くの役割を担っており、その役割に応じて動き方がそれぞれ異なります。

保険適用の入れ歯では、型取りを1つのポーズで行う規定になっています。当然、その型を元に入れ歯を作ると、さまざまな口の動きに対応できない入れ歯になってしまいます。

当院では、保険適用外の入れ歯に関して、完成度の高い入れ歯を作るために、お一人おひとりの歯列に合った専用のトレーを作って歯型を採っています。普通の方法で採った歯型に比べるとお口のデータを細かく収集でき、しっかりと噛める入れ歯を製作することができます。

高度な技術を必要とされる型採り

設計したイメージ通りの入れ歯が製作できるように、各人専用のトレーを作ります。そのトレーを用いて、筋肉の動きや粘膜のひだなどを考慮に入れた型を採ります。粘膜は柔らかいので、歯科医師の力加減や患者様のお口の動かし方によって形が変わります。違和感の少ない安定した入れ歯を作るために、とても大切なステップになります。

解剖学的な情報を元に噛み合わせを採る

上下の歯が数本でも残っており、噛む位置が決まっていれば、噛み合わせの位置を取ることは難しくありません。しかし、全く歯がないような症例では、咬合床と呼ばれるものを作って噛み合わせを採取します。歯が無いので噛み位置が解りません。そのため、出来るだけ多くの解剖学的情報(舌の位置とか、唇の位置、話した時の顎位など)を参考にしながら、正しい噛み合わせの位置に誘導します。

入れ歯の完成度を高める優秀な歯科技工士と連携している

入れ歯づくりは、歯科医師がすべての作業を担うのではなく、歯科技工士と連携して製作します。歯科医師は患者様の口腔内データを採取して、入れ歯の設計を考えて、それを歯科技工士が形にします。

したがって、入れ歯の優劣は「歯科医師の設計力」と「歯科技工士の再現力」にかかっているといえます。当院では、入れ歯製作の熟練した歯科技工士に仕事を依頼しております。もちろん、歯科技工士に依頼するときは、形態や色などの要望だけではなく、装着感や仕上がりのイメージを的確に伝えます。

より良い入れ歯を完成させるためには、歯科技工士とお互いに意見交換することが必要です。時には、イメージ通りの入れ歯に仕上げるために、型採りをやり直すこともあります。歯科技工士はそれに応えて納得できる入れ歯に仕上げてきます。院長と歯科技工士との連携によって、完成度の高い入れ歯を提供することが可能になるのです。

約600種類の歯の形態と色の組み合わせ

歯には個性があります。その方にあった歯の形と色が存在するのです。細面な女性にはスマートな歯を、力強い男性には角ばった歯を選ぶと顔映りがよくなります。その個性を最大限に活かすことが出来れば、口元の印象を向上させることができます。当院では、歯の形態と色を600通りの組み合わせの中から1人ひとりにマッチングしたものを選択しています。

最先端・高精度の入れ歯

「見た目が良くない」「すぐに外れてしまう」「痛いのが我慢できない」など入れ歯の悩みは様々です。こういった不満の原因のほとんどは、保険適用される入れ歯にあります。

保険が適用される入れ歯は、費用を抑えることができるものの、満足のいく使用感を実現することが難しいのです。なぜなら保険素材の入れ歯は、技術的にも素材的にも50年以上から進歩していないためです。

このようなことから、当院では、患者様のご要望にお応えできるようの特殊な技術が必要な入れ歯や快適な着け心地を実現できる素材の入れ歯をご用意しています。

患者様のご要望に合った入れ歯を提案

当院では、ご要望に合った入れ歯を提案いたします。保険がきかない自費の入れ歯に対して「費用にみあった価値があるのかわからない」という方もいらっしゃると思います。

当院では、素材による使用感の違いや噛みやすさ、費用、見た目など、疑問に思われる点についてしっかりとご説明いたします。入れ歯選びでお悩みの際は、お気軽にご相談ください。

しっかりと機能する入れ歯を目指して調整を繰り返します

完成度の高い入れ歯ができたとしても、はじめから何でも食べられるわけではありません。正しい使い方をマスターしなければ、使いこなすことはできません。

また、今まで機能させていなかった筋肉も使うようになるのでリハビリが必要です。まずは柔らかい食事から始めていき、入れ歯をゆっくりとお口に馴染ませていきます。当初は痛みやズレが生じると思いますが、調整をしていくと次第に入れ歯が安定していくはずです。

これらの調整を繰り返すことで、患者様のお口の状況に馴染んだ、よく噛める入れ歯となっていきます。完成度の高い快適な入れ歯を目指して調整を重ねていきます。

最先端・高精度の義歯【保険適用外】

コーヌスクローネ義歯(テレスコープシステム)

残っている自分の歯に金属の土台(内冠)を付け、入れ歯側にその形に精密に適合するクラウン(外冠)を製作します。

外冠と内冠の摩擦力によって入れ歯を維持します。茶筒を考えるとイメージしやすいと思います。茶葉を入れる筒にぴったりとあった蓋はなかなか外すことが難しいです。

それと同じ理屈で強固な摩擦力を使って入れ歯を安定させるのです。

コーヌスクローネデンチャーを推奨する理由

歯は垂直方向にかかる力に対して強いのですが、側方からの力に弱いという特性があります。つまり、横方向から持続的な力が加わると歯の寿命を縮めることになります。これが、金属バネをかけられた歯が早期に失われる理由です。

コーヌスクローネ義歯は、残っている歯と入れ歯を強固な摩擦力で一体化することで、側方からの力を排除し、力を分散して垂直的な力がかかるようにします。また、咬合力は入れ歯全体で負担する事になり、特定の歯だけに負担を求めることがありません。したがって、一般的な金属製のバネのついた入れ歯よりも、結果的に残った歯が長持ちします。

さらに不具合が生じると、使えなくなるリスクの高い固定式のブリッジなどと異なり、口腔内の状況の変化に合わせて修正できるという利点があります。例えば、ご自身の歯を1本失うような事態になったとしても、入れ歯を改造・修理することで、使い続けることも可能です。

年配の方で、口腔内全体を触り直すだけの気力がない方や、インプラント治療のような外科処置を望まない方にとって、非常に有効な治療方法と言えます。

コーヌスクローネデンチャーのメリット
  • 金属製のバネがないので、見た目が自然で、装着しても目立ちません。
  • 金属製のバネで維持する入れ歯よりも、しっかりと固定されるので、入れ歯の安定性が高く、ずれたり、外れたりしにくい。 
  • 入れ歯全体を小さく設計することが出来るため、装着の違和感が少ない。
  • 金属製バネの着いた入れ歯よりも、残っている歯への負担が少ない。 
  • 入れ歯と粘膜の隙間が少ないので食物残渣の付着が非常に少ない。
コーヌスクローネデンチャーのデメリット
  • 健康保険の適用がありません。
  • 歯をすべて失った方には適応できない。
  • 歯に内冠をかぶせるため、歯を削る必要がある。
  • 内冠、外冠をつくるには、非常に高い精度と高度な技術が必要となる。
  • 内冠を入れている歯がむし歯になるリスクがある。

マグネット義歯(マグネットデンチャー)

磁石の力を応用した入れ歯です。入れ歯側に小型磁石を取り付け、残っている歯の根に磁性の金属を埋め込み、その磁力によって入れ歯を安定させます。磁力で固定させるので、ズレやガタつきがなく、安定した噛み心地が得られます。

金属のバネで固定する入れ歯のように、残っている歯に大きな負担がかかりません。また、バネがないので目立ちません。ただし、土台となる歯の根の状態が悪い患者様には、適用できない場合があります。

マグネットデンチャーのメリット
  • 金属製のバネのないシンプルな構造で、入れ歯の着脱が容易です。
  • 金属バネがないので、装着しても目立ちません。
  • 小さくても強力な磁石の力で、入れ歯を安定させることができます。
マグネットデンチャーのデメリット
  • 健康保険の適用がありません。
  • 歯の根が残っていないとできない。
  • 横方向の力が加わると入れ歯が外れる場合があります。

快適性の高い入れ歯【保険適用外】

金属床義歯(チタン)

歯肉に触れる部分がチタンで製作される入れ歯です。チタン床入れ歯は、強度が高く丈夫で壊れにくいので、薄く設計することができます。その結果、話しやすさや違和感の減少につながります。

総入れ歯、部分入れ歯ともに、チタン床で対応できます。上顎の総入れ歯の場合は、顎に密着する部分にチタンを使用し、下の総入れ歯の場合には、内側の舌にあたる部分をチタンで製作します。

金属床は、たわまない、ねじれない、という利点があるので、残された自分の歯や歯周組織に負担をかけません。もちろん、金属床は熱伝導性が高いので、食べ物の熱い、冷たい、を感じる事ができ料理を楽しむことができます。

特に、部分入れ歯には金属床が有効です。金属床では金属のバネと床を一体に製作しますので、寸法に狂いがなく、安定性があり、強固な金属の土台がしっかりと噛む力を受け止めます。

チタン床義歯のメリット
  • 食べ物の温度が伝わりやすいので、食事が美味しく感じられる。
  • 生体親和性が高い素材なので、金属アレルギーのリスクが低い。
  • 汚れが付着しにくく、清潔に使用することができる。
チタン床義歯のデメリット
  • 健康保険の適用がありません。
  • 他の金属床義歯に比べると、比較的費用が高い。
  • 壊れたり、合わなくなった時に、修理が難しい。場合によっては、作り直しが必要になる。

金属床義歯(コバルトクロム)

歯肉に触れる部分がコバルトクロムで製作される入れ歯です。コバルトクロムを使った金属床は、耐久性に優れており、長く使用することが可能です。

チタン床に比べると若干の厚みは必要ですが、保険適用のレジン床義歯よりも、薄く設計できるので、快適な装着感を得られます。

また、熱伝導率が高く、食べ物の熱さや冷たさを感じることができるので、食事を美味しく召し上がれます。

金属床は、たわまない、ねじれない、という利点があるので、残された自分の歯や歯周組織に負担をかけません。もちろん、金属床は熱伝導性が高いので、食べ物の熱い、冷たい、を感じる事ができ料理を楽しむことができます。

特に、部分入れ歯には金属床が有効です。金属床では金属のバネと床を一体に製作しますので、寸法に狂いがなく、安定性があり、強固な金属の土台がしっかりと噛む力を受け止めます。

コバルトクロム床義歯のメリット
  • 食べ物の温度が伝わりやすいので、食事が美味しく感じられる。
  • 軽くて耐久性に優れており、快適な装着感を得ることができる。
  • 汚れが付着しにくく、清潔に使用することができる。
コバルトクロム床義歯のデメリット
  • 健康保険の適用がありません。
  • チタン床義歯に比べると、若干厚みの必要な設計になる。
  • 壊れたり、合わなくなった時に、修理が難しい。場合によっては、作り直しが必要になる。

審美性の高い入れ歯【保険適用外】

ノンクラスプ義歯(ノンクラスプデンチャー)

ノンクラスプデンチャーとは、金属バネを使用しない部分入れ歯です。一般的な部分入れ歯は、自分の歯の代わりとなる人工歯と、粘膜の上にのせるピンク色の床、残っている歯に固定するための金属製のバネ(クラスプ)からなります。

もちろん、金属製のバネがあるため前歯に近くなればなるほど部分入れ歯を装着しているのが目立ちます。そこで、ピンク色の床の範囲を広げて歯ぐきを覆うことで入れ歯を安定させて、目立たないように工夫したノンクラスプデンチャーが開発されました。

ノンクラスプデンチャーのメリット
  • 金属製のバネがないので、見た目が自然で、装着しても目立ちません。
  • 弾力性がある素材で装着時のフィット感が良く、違和感が少ない。
  • 水分吸水性がほとんどなく汚れや臭いが付きにくいので衛生的です。また、長期間使用しても色の退色や変色が少ない。
ノンクラスプデンチャーのデメリット
  • 健康保険の適用がありませんが、金属床義歯と比べると比較的費用が安い。
  • 残っている歯が少ない場合には適用できないことがあります。
  • 壊れたり、合わなくなった時に補修や修理が難しい。場合によっては、作り直しが必要になる。

歯や口元のお悩みは、お気軽にご相談ください

河田歯科

お電話でのお問合せはこちら

072-223-1770
診療時間
受付は診療終了時間の30分前まで
  • 月~金 9:30〜12:30、14:30~18:30
  • 土 9:30~12:30
休診日
土曜午後・日曜・祝日