堺市でインプラント・入れ歯なら、堺駅前の河田歯科にお任せください。

大阪府堺市堺区栄橋町1丁目7-7 中ビルディング2F

診察時間
午前09:30~12:30
午後14:30~18:30(土曜を除く)
休 診 日
土曜午後・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

072-223-1770

充実の設備と感染予防

歯科医師の技術力を支える診療設備

医療機器の発達していない時代は、歯科医師の手先の器用さ・経験による勘が治療の命運を握っていたかもしれません。しかし、今日のような高性能な医療機器が開発された時代にあっては、歯科医師の技術力と同様に最新の医療機器の導入率が重要と考えられています。河田歯科では、高水準の治療を提供できるように環境を整備すると同時に、最新の高性能な診療設備を積極的に導入して治療に臨んでいます。そのため、一般歯科は当然ながら、他の医院では難しいと言われた症例の治療にも対応することが可能です。

より正確な診断が可能に【歯科用CT】

CTはComputed Tomographyの略で、コンピュータを駆使してデータ処理と画像解析を行うことで口腔内を立体的に捉えることができる診療設備です。歯を支える骨の状態や噛み合わせ、骨と神経の位置関係まで把握することが可能となりました。その結果、診断の精度が飛躍的に高まり、より安全な治療を提供できるようになります。

特に、CT撮影はインプラント治療に欠かすことができず、インプラントを埋入する部位の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)を診断することで、治療が可能かどうかを正確に見極めることができます。その他、親知らずの抜歯や歯周病治療、根管治療でもCT撮影を行うことで歯の根や骨の状態、根の先にある膿の状態を正確に把握することができ、安全性の高い治療が可能です。

歯科用CTでの撮影データを元に、緻密な治療計画を立てることは、安全な治療への第一歩になるといえます。当院では、歯科用CTの中で被ばく量の少ない機器の一つである「ヨシダ社製トロフィーパンプラス」を導入しています。歯科用CTは、医科用CTの約1/50に被ばく量が抑えられていますので、安心してCT撮影ができます。また、他の医療機関へ行かなくても、院内でCT撮影・診断ができますので患者様の負担も少なくなります。

安全性の高い治療が可能に【インプランター】

インプランターは、インプラント治療に必要不可欠な外科用モーターです。インプラント治療は、骨を切削して、インプラント体を骨の中に埋入します。その際に、インプランターが必要になります。

当院では、複数あるインプランターの中から「NSK社製のSurgic Pro」を選びました。回転速度、回転方向だけでなく、トルク値、注水量まで細かく設定でき、さらにそれらをプログラミングできます。

それにより、術前に決定した治療計画を外科手術に反映させるだけでなく、人為的なミスを防ぐことが出来ます。その結果、安全性の高いインプラント治療が可能となりました。

肉眼では見えない緻密な治療が可能に【歯科用拡大鏡】

拡大鏡は、お口の中を拡大して見るための歯科用の眼鏡のようなもの。様々なタイプがあり、2倍~8倍に拡大して見ることができます。肉眼では見ることが出来なかった歯の根元の状態や隠れた根管・修復物のフィット状態までわかるため、より緻密で正確な治療が可能になります。

軟組織を傷つけずに骨切除が可能に【ピエゾサージェリー】

ピエゾサージェリーは、強力な超音波振動によって顎の骨などを削る機器のことで、主に、インプラント手術や歯周外科治療に用います。インプラント治療では、顎の骨にインプラントを埋入する穴をあけるのに用いますが、一般的に使用されるドリルなどの回転式の切削と異なり、軟組織を傷付けることがありませんので、血管や神経、粘膜などの損傷リスクが飛躍的に小さくなります。また、繊細で正確なコントロールができるため手術が安全にでき、術後の痛みや腫れが少ないというメリットがあります。

安全な骨補填材の生成が可能に【供血用遠心分離機】

インプラントや歯周外科をはじめとする外科処置の際に用いる遠心分離機です。当院では、主にインプラント手術の際の骨再生治療で、骨が足りない場所に骨造成のために使用しています。

患者様から採血し、その血液を遠心分離機にかけることにより、血液中の血小板や赤血球が分離され、それと同時に血液中の凝固因子(傷口をふさいで出血を止め傷の治りを促進する因子)が刺激され「フィブリンゲル」が形成されます。

このフィブリンゲルを、CGF(Concentrated Growth Factor)と呼びます。CGFは完全に患者様の身体から生まれた素材であり、傷ついた組織の再生・治癒に働く成長因子が多く含まれている上、添加物を一切使用しないため、拒否反応や感染リスクを大幅に軽減でき、安全に手術を行うことができます。

全身状態を管理しながら治療が可能に【生体情報モニター】

インプラントなどの外科処置を行う際や、血圧あるいは内科的な疾患のある方の全身状態を確認するためのモニター装置です。モニタリングをするのは、血圧、脈拍、動脈血酸素飽和度などです。

特にインプラントのような外科処置を受けられる場合、日ごろ健康な方でも緊張したり、ストレスがかかってしまうものです。全身状態をモニタリングしながら治療できることは非常に有用であり、全身的なトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

その結果、さらなる安全性を追求したインプラント治療が可能となりました。

歯や口元のお悩みは、お気軽にご相談ください

河田歯科

お電話でのお問合せはこちら

072-223-1770
診療時間
受付は診療終了時間の30分前まで
  • 月~金 9:30〜12:30、14:30~18:30
  • 土 9:30~12:30
休診日
土曜午後・日曜・祝日