堺市でインプラント・入れ歯なら、堺駅前の河田歯科にお任せください。

大阪府堺市堺区栄橋町1丁目7-7 中ビルディング2F

診察時間
午前09:30~12:30
午後14:30~18:30(土曜を除く)
休 診 日
土曜午後・日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

072-223-1770

よくある質問

当院によく寄せられるご質問を紹介します

インプラントに関して

インプラントの埋入手術は痛くありませんか?

術中は、ほとんど痛みを感じません

インプラントの埋入手術は、局所麻酔を効かせてから実施しますので、術中はほとんど痛みを感じません。ただし、麻酔がきれてからは多少の痛みを感じることがありますが、痛みは処方された鎮痛剤の効果の範囲内です。痛みは手術後1~2日でおさまります。

インプラントの埋入手術後は腫れませんか?

少数のインプラント埋入手術では大きく腫れません

1~3本程度のインプラント埋入手術では大きく腫れることはありません。もちろん、多数のインプラントを埋入した場合や、大きく骨を削ったり、骨を造成した場合は腫れる事があります。これは、外科的な刺激を加えたことに対する反応性の炎症としての腫れであり心配いりません。ほとんどの場合、腫れるといっても口の中に飴を入れた程度です。

痛みや腫れに関する対策について教えてくれませんか?

当院では、低侵襲な治療を実践しています

インプラント治療を受けて頂くためには外科処置が不可欠ですが、当院では、できるだけ「痛くない」「腫れない」治療を提供できるように努めています。具体的には、低侵襲(出来るだけ組織を傷つけない)な治療を実践しています。

  • 切開を出来るだけ小さくすることで、腫れや痛みを抑制しています。
  • 腫れや痛みの出やすい骨造成を出来るだけ避けます。同時に、治療期間の短縮や治療費を抑えることにもなります。
  • 血管や神経などの軟組織を傷つけること無く骨を削ることができる超音波切削機(ピエゾサージェリー)を備えています。上顎洞挙上術や、骨移植、抜歯などで骨を削る際に低侵襲な手術が可能となります。

手術で失敗することはありますか?

3%程度が骨と結合しないというデータがあります。

残念なことですが、現在100%の成功を約束できる医療は存在しません。インプラント埋入手術においても同様です。インプラントを実施する歯科医院の技術レベルや、部位によっても多少異なりますが、3%前後が骨と結合しないというデータがあります。なお結合不良となった場合は、骨の治りを待ってからインプラントを再び埋入します。また、インプラントが不成功であっても、あごの骨や他の歯に異常が起こることはありません。

偶発症が怖いのですが?

安全な治療を提供できる環境を整えています

インプラントを提唱したブローネマルク博士は「インプラント治療は安全でなければならない」という言葉を残しています。当院でも「絶対に事故を起こしてはならない」という心構えでインプラント治療に挑み、最先端の技術と充実した設備を導入して安全なインプラント治療を目指しています。具体的には、すべての症例でCT撮影を行い、骨の質や量、神経の位置、血管の走行などを診査した上で、インプラントを埋入しています。また、万が一の場合に備えて、生体情報モニターで全身状態を監視しています。それ以外にも、酸素やAED、救急医薬品など救急医療設備の設置を整え、近隣の病院と緊急時の連絡体制を取っています。

インプラントは一生持ちますか?

一生ものだと保証できるものではありません

インプラントは人工物ですから、一生ものだと保証できるものではありません。もちろん、定期的なメンテナンスを受けて頂ければ、長期間安定して使用できることが証明されています。実際に、世界で最初にインプラント治療を受けた患者様は、亡くなるまでの41年間、問題なく機能していたそうです。つまり40年間耐えられる実績は証明されております。世界的に報告されている10年生存率データでは、96%という数字がでています。

インプラントがダメになったらどうするのですか? 

多くの場合、再びインプラントを埋入します

不幸にしてインプラントの寿命がくると、多くの場合はそのインプラントを除去することになります。希望すれば、骨の状態を待ち、再度インプラントを埋入することが可能です。希望されない場合は、取り外し式の入れ歯や、ブリッジにします。(ただし、骨の状態は個人差がありますので、全ての症例に適応できる訳ではありません)

インプラントは安全ですか?

数百万人に実証されている信頼できる医療といえます

1952年ブローネマルク医師が、チタンと骨が結合することに気付きました。慎重を期した綿密な基礎実験と動物実験は13年間にもわたり、安全性を確認したブローネマルク医師がインプラントとして、初の臨床応用をスタートしたのは、1965年のことでした。その後、欧米先進国の大学病院が積極的にこのインプラント治療を取り入れました。世界中では、数百万人に実証されている信頼の歯科医療といえます。

治療期間はどのくらいかかりますか?

およそ4ヶ月から7ヶ月の期間がかかります

インプラントの上部構造である人工歯の装着まで考えると、約4ヶ月から7ヶ月となります。通常、インプラント治療は、インプラントを埋入してから数カ月間の安静期間を必要とします。この期間にインプラントは顎の骨と強固な結合を得る事ができるのです。一般的には、この結合期間は骨の条件と関連し、下顎で3ヶ月程度、上顎で6ヶ月程度の安定を必要とします。従って、最終的には、下顎で約4ヶ月、上顎で約7ヶ月の期間が必要となります。もちろん、個人差や、インプラントの術式によって差があります。

何回くらい通院が必要ですか?

およそ6回から8回の通院が必要です

最終的な人工歯の装着まで考えると約6~8回の通院が必要となります。インプラントを埋入する1次手術と、インプラントが顎の骨と結合した後に、人工歯を取り付ける支台を装着する2次手術、そして人工歯をつくるための型採り、人工歯の試し着け、そして人工歯の装着などで約6~8回の通院が必要となります。

インプラント治療に年齢制限はありますか?

18~20歳頃から治療を受けることができます

顎の骨が完成する18~20歳頃から、健康状態に問題が無ければ、治療を受けることができます。なお、年齢の上限はありません。年齢的な条件よりも、顎の骨の条件(骨の密度、幅、深度など)が重要です。実際に80歳以上の方も治療を受けられていますのでご安心ください。

全身疾患があっても大丈夫ですか?

慢性疾患がある方は良好な状態を保っていることが条件となります

糖尿病や高血圧などの慢性疾患がある方は良好な状態を保っていることが条件となります。糖尿病の場合は、一般的にヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)の値が7以下なら大丈夫だと考えられています。糖尿病の方は歯周病にもかかりやすいので、インプラント手術の前に歯周病治療を優先することが重要です。高血圧の場合は薬でコントロールされていれば、問題ありません。ただし、服用されている薬や症状など一人ひとりケースが異なる内容となりますので、事前に必ずご相談ください。

喫煙者ですが、インプラント治療はできますか?

非喫煙者に比べると成功率が低下します

タバコを吸われる喫煙者はインプラント治療を受けられない訳ではありませんが、非喫煙者に比べインプラントの成功率が低いことが、学会の発表でも証明されております。タバコのニコチンによる血流阻害や血管収縮はインプラント治療に悪影響を及ぼすためです。

インプラントは何本必要ですか?

個人差があります

歯1本に対して必ずしも1本のインプラントを入れるわけではありません。その方の顎の骨の条件や、噛み合う歯の状態によって異なります。入れ歯と天然の歯ではインプラントに加わる力は異なります。たとえば、かみ合う歯が入れ歯であれば、インプラントを入れる本数を、少なく設計することも可能です。逆に噛む力が強い場合は、インプラントの本数を多くする場合もあります。全く歯の無い方であれば、7本から8本のインプラントを埋入して、上部構造をブリッジの形にすれば、12本の歯を入れることも可能です。

歯や口元のお悩みは、お気軽にご相談ください

河田歯科

お電話でのお問合せはこちら

072-223-1770
診療時間
受付は診療終了時間の30分前まで
  • 月~金 9:30〜12:30、14:30~18:30
  • 土 9:30~12:30
休診日
土曜午後・日曜・祝日